外壁の色選びのコツと色褪せしにくい色とは?忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市の外壁塗装

忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市の皆様、こんにちは!

そろそろ住宅の外壁塗装をお考えの方はいらっしゃいませんか?

外壁塗装を考えるとき一番楽しいのが色選び。ですが、どんな色にするか悩んでなかなか決められないという辛さを感じている人がいるかもしれません。これまでの雰囲気を一新したい、今度こそ好きな色に塗り替えたいなど、色々なことをお考えになるでしょう。

好きな色を選ぶだけではなく、できればいつまでも美しい色を保っていられるような色あせないカラーにしたいものですね。

外壁塗装は、経年劣化や色あせを改善するために施工することがほとんどです。

もしも外壁塗装工事をするのなら、少しでも長持ちしてほしいもの。

ところが選ぶ色によっては、色あせの早いもの、汚れが目立ちやすい色があります。


忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市にお住まいの皆さんの住宅がきれいに映えて、長持ちする塗料の色をご紹介します。


褪せやすい色ってどんな色なの?色選びに失敗しないコツは?外壁塗装工事の色褪せない「色選び」と、「外壁塗装の工事の方法」など、基本的な外壁塗装のことについて知っていただきたいことを、詳しくお話ししましょう。

 

忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市で住宅の外壁塗装の色に使える色とは?

外壁塗装に使われる色はどのような色が多いのでしょうか。
忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市
でも例外なく一番多いのは、白・ベージュの淡い色です。どのような周辺環境にも合う色であり、明るく清潔感を感じられる色であるため、人気が高い色になります。

次に多いのが、グレーや紺色、青色、黒などの暗めの色です。モダンで重厚感や意匠性を感じさせる色合いは、汚れが目立ちにくく長持ちする印象からか、選ぶ人が増えてきました。

 

1階と2階で色や外壁素材を変更するパターンも多くあります。また、ベランダや外壁の一部のみ色を変えてポイントにするのもオシャレでほかの住宅との差をつけ印象的に仕上がります。

 

ただ、外壁色として使える色は様々で、どんな色でもOKなのです。

例えば赤やピンク、黄色や紫色、青、ブラウン、グリーン系と、色の制限はありません。

ただ、周辺環境との兼ね合いや、周囲の住宅環境などに配慮した色にしたいですね。

 

奇抜な色や原色を使いたい場合は、ポイントとして使ったり、窓枠に使ったり、全ての外壁ではなく1階部分のみに使うなどでも良いでしょう。

 

忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市の外壁色のイメージは?どうしたらイメージしやすい?


色のデザインや使い方については、なかなかイメージがつかないものです。

カタログなどの小さな色見本だけではなく、実際の質感や直接見た色の雰囲気がわかるよう、色見本はなるべく大きなものを見せてもらうようにしましょう。

離れて他の色との調和を考えたり、近づいてよく観察したりすることで、様々な印象をもつはずです。また、自分の希望する色と、周辺の住宅の外壁の色とを並べて見ても良いですね。

 

専門業者に相談し、忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市などお住いの周辺環境と外壁色の特徴(長持ちするかどうかなど)、デザインなどのイメージを実際に画像として見せてもらったり、イラストで見せてもらったりして、相談しながら決めることをお勧めします。


忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市色あせしやすい外壁色と、その理由は?



ところで、外壁色の劣化はなぜ起きるのでしょうか。また、色あせしやすい色はあるのでしょうか。

 

外壁の色あせは、紫外線に当たることや雨・風・ホコリに当たり続けることが原因です。海沿いの地域であれば、塩害が劣化や色あせの原因になることもあるでしょう。

 

また、もうひとつの原因としては、経年劣化による化学変化の色あせです。最近は技術が大きく進歩し、なるべく劣化しない素材の塗料が開発されています。

それでも自然の中で日々色々なものを浴び続けることで少しずつ酸化していきます。忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市は、気温が高くなる地域でもあり、紫外線が強く外壁にダメージが多くなりがちです。ここで、大阪府内と日本全国内で各市がどのくらいの日照時間があるのか見てみましょう。



市名 年間日照時間 府内順位 国内順位
泉大津市 2,092時間 府内1位 全国130位
岸和田市 2,071時間 府内3位 全国173位
貝塚市 2,054時間 府内4位 全国192位
参照:OCN不動産賃貸/日照時間の順位・大阪府




日照時間だけが外壁色の劣化の原因ではありません。劣化の速度は外壁の色や含まれる顔料によっても違いはありますが、比較的落ち着いた色は劣化しにくいと言われています。

色あせしやすい色で、一番目立つのは赤です。赤い外壁で塗装した場合は他の色の半分ほどの年数で色あせが目立ってくると言われています。約5年から7年くらいで色あせしてしまうので、塗装が必要になるでしょう。

 

また、黄色や紫色も同様に色あせしやすいと言われています。

どの色も原色なので、住宅の外壁塗装に使う方は少ないかもしれませんが、赤・黄・紫は、顔料が紫外線からの耐光性に弱いためです。また、配合している成分が紫外線によって切断されてしまいやすいという特徴があるからです。

 

そのままにしておくと、見た目が良くないのはもちろん、外壁材や住宅そのものに直接的な被害が出てしまう恐れがあります。

 

忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市でおすすめの褪せにくい外壁色は?

それでは色あせしにくい色は、どのような色なのでしょうか。色あせしにくい色を知っておいてから外壁塗装する色合いを決めても良いでしょう。

中には条件によって色あせする色もありますが、代表的な色あせしにくい色をご紹介します。


白・ベージュ

白や薄いベージュは、特に色あせしにくい色と言われています。

その理由は白は紫外線を吸収しにくく、紫外線からの影響を受けにくいという特徴があるからです。紫外線からのダメージを受けにくいので、塗料尾化学変化が起こりにくいため色あせがしにくく、色あせを気にされる方にはおすすめです。

ですが、汚れが目立ちやすいという難点もあります。白に近いベージュであれば若干汚れが目立ちにくいかもしれません。


黒い外壁は、白と同様に色あせしにくい色です。

黒い顔料に含まれる成分は太陽光に分解され、化学変化を起こしにくいという特徴があります。

しかし、意外と汚れが目立ちやすく、ホコリや鳥の糞などが見えやすい色です。また、ツヤのある黒であれば色あせが目立ってしまう色でもあります。

 

さらに、色あせはしにくいのですが、黒は熱を吸収しやすいので外壁の温度が室内まで伝わり、温度が上昇しやすくなるという点もあります。


青色も白や黒と同様に、紫外線の影響を受けにくい色なので色あせはしにくいと言われています。

青色であっても様々なカラーバリエーションがあり、濃い青だと色あせしやすくなってしまうので、薄い青や水色などのパステル系を選ぶことで、色あせが目立ちにくくなります。

 

忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市塗装するとき、選ぶ塗料の種類も考え退色を防ごう



人気の色と色あせしにくい色はほぼ同じで、グレー系・アイボリー系・モカ・ブラウン系・クリーム系・ベージュ系となっています。

 

住宅の外壁色に多い色ということがわかりますね。どの色も色あせしにくく、人気がある定番の色です。

 

選ぶ塗料によってそれぞれにグレードがあります。長持ちする塗料はそれなりに高い値段がしますし、中間の値段のものであればそれなりに長持ちするでしょう。

 

外壁塗装をしようと思ったタイミングでどれくらいの予算があるのか、それぞれのご家庭によって変わってきますが、長持ちする高い塗料を使う方がかえって後々費用が掛からずに済むものです。

値段の安い塗料を使うことで、耐用年数が少なくなりすぐに塗り替える年数が経ちますが、その際は塗料費用だけではなく、人件費や足場代などがかかってきます。

 

回数が増えるほどに費用がかかってしまうという訳です。

 

耐用年数が長い塗料は高くなりますが、その分塗料代のほかにかかる費用は少なくなり、トータルで見ると塗料にお金をかけた方が安く長持ちするということになります。

 

メンテナンスの回数が減り10年から15年以上耐用年数が長くなるというメリットがあるので、業者ではなるべく高品質のものを勧めてきますが、理由をご理解いただけると幸いです。

 

ただ、色あせしにくい塗料であっても必ず経年劣化による汚れや色あせ、チョーキング現象、ひび割れ、カビやコケなどの発生が生じます。

塗料のグレードで寿命や塗り替えのタイミングは変わりますが、目で見ても素人にはわからないことがほとんどです。

 

外壁塗装の傷みや劣化について気になった場合は、忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市で外壁塗装をしてもらった業者や住宅を建ててくれた工務店、専門の塗装業者に一度見てもらうことをお勧めします。


忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市での外壁塗装はクリア塗装で退色を防ぐこともOK



外壁塗装の方法のひとつに、今現在の外壁色を活かす「クリア塗装」という方法があります。

 

  • 現在の外壁のカラーやデザインをそのままにしたい
  • 外壁の雰囲気を残しておきたい
  • 劣化を目立たなくしたい
  • 現在の外壁に少しツヤ感を出したい方

 

 

このような希望をお持ちの方には、クリア塗装をおすすめしています。 

クリア塗装にもほかの様々な塗料や塗装のようにメリットやデメリットがあります。また、クリア塗装を施工できない外壁もあります。

 

クリア塗装のメリット

メリットとしては、今のデザインを活かしながらも外壁をしっかりと守る効果がクリア塗装にはあるということです。

クリア塗料にもカラー塗料のように様々な種類があり、例えばUVカット効果・外壁の保護効果・紫外線カット効果・艶出し効果などが期待できます。

 

もう一つのメリットとしては、クリア塗装はチョーキング現象を起こさないことにあります。外壁塗装の劣化の一つに塗料が劣化し粉状になることを「チョーキング現象」と言います。外壁を手のひらで触ると、手に粉っぽい塗料の色が付くことです。

この現象は、外壁塗装の劣化が始まっているサインですが、クリア塗装をすることで、チョーキング現象を起こさないことが可能になります。

 

最後のメリットとしては、クリア塗装に限ってはカラー塗装と違い下塗りが不要なため、施工期間が短く、費用も抑えられることにあります。下塗り作業があると、乾燥させるまで次の工程に移れないため、どうしても日にちがかかります。
日にちがかかるということはそれだけ費用がかさむことになります。
クリア塗装は費用や施工日程の短縮化にもメリットがあるのです。


クリア塗装のデメリット

そんな優れたクリア塗装にもデメリットがあります。

 

一番のデメリットはクリア塗装を使えない外壁材があることです。例えばフッ素コートをしている外壁や光触媒、無機素材でコートしてある外壁には、クリア塗装はできません。

無理にしてしまうと、元々持っているコーティング機能が落ちてしまう可能性があります。

おすすめはできません。

 

もうひとつのデメリットはひび割れ、カビ・コケ、チョーキング現象など外壁に劣化やトラブルが生じている場合はクリア塗装ができないということです。

そのままの状態でクリア塗装をしてしまうと、さらに劣化がすすんだり、チョーキング減少の成分が塗料に混ざり、きれいなクリア塗装にならない恐れがあります。

新築や外壁塗装を行った後に外壁塗装にクリア塗料を検討している場合は、一般的な外壁塗装の工期である8年から10年目よりも早めに検討し、施工するようにしましょう。

 

そして最後に、クリア塗装にもカラー塗装と同じように塗料のグレードがあることを忘れてはいけません。そのグレードや価格によって、耐用年数が変わります。

例えば、価格の順で言うと一番グレードと価格の高いクリア塗料は無機系クリア塗料、その次がフッ素系クリア塗料、シリコン系、ウレタン系と続き、一番安価なのがアクリル系クリア塗料となります。

 

これは、カラー塗料でも同じであり、クリア塗料もグレードや価格と比例して耐用年数が変わってきます。メーカーやその業者の使う塗料によって耐用年数が変わってくるので、相談する際は価格や耐用年数についてよく確認しておきましょう。



忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市でどうしても使いたい外壁色は異素材の外壁材や2色使いで塗装しよう



色あせを起こしやすい、経年劣化が早いと知っても、どうしても希望する色がある場合は、色あせしにくい色とあわせたツートンカラーや、塗料を使わない外壁材など異素材同士を組み合わせる方法もあります。
オシャレで素敵な印象にもなりますね。異素材や違う色を組み合わせる際も、様々な色見本を使い見比べることが大切でしょう。



外壁塗装の方法いろいろ



外壁塗装は色選びのほかにも、どのような工法で塗装するかによっても耐用年数や色あせ、劣化などの状況がかわってきます。どの工法で塗装することが色あせしにくく長持ちするのでしょうか。


ローラー塗装とは? 



ローラー塗装とはローラーを使って手作業で仕上げていく塗装です。均一に厚みを持たせて塗装していくことが可能です。

ローラーの素材は毛やスポンジ状になっているので、周囲への飛び散りがほぼ無く、近隣や自宅の周囲のものへ迷惑がかかることが少ない工法です。

また、手作業ではありますが広い範囲を塗ることができるので早く塗装できるのもメリットです。

ただし、ある程度の経験や技術が必要であり、職人の腕によって仕上がりは変わるでしょう。

さらに、外壁の細部に渡るため、様々な大きさのローラーを使い分けることが必要になるので熟練の技や見極める経験が必要になります。

忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市で経験のある職人がいる業者を探してみましょう。


刷毛による塗装



刷毛による塗装は、小さく細かな範囲を塗装するのに向いています。

例えばエアコンの裏や、様々な配線・配管の周辺、郵便ポストの周辺などに刷毛塗装を施します。広く面積の大きな場所には向きません。

 

細やかな場所であるからこそ、職人の技術や経験がものを言う塗装方法でもあります。



吹き付け塗装



吹き付け塗装は、専用の機械に塗料を入れ圧縮して粒子になった塗料を吹き付ける工法です。一番のメリットはローラーや刷毛よりも各段に仕上がりのスピードが上がるということです。

また、ただ塗装をするだけではなく、玉状の模様を描くことができたり(玉吹塗装)、タイル状に仕上げることもできます。意匠性が高い住宅に仕上げることが可能な工法です。

 

ただしデメリットも大きく、吹き付け塗装は風に弱く周囲への飛散が大変大きいので、風の強い日は施工をすることができません。

また、周囲のや近隣の住宅などに飛んでしまわないようしっかりとした養生が必要になります。飛び散った分の塗料は無駄になってしまうため、費用がかさむこともあるでしょう。

さらに、スプレーガンを動かすためにバッテリーをしようしますが、その音が大きく周囲や施工主にとっては騒音になってしまうこともデメリットでしょう。



【まとめ】忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市の住宅の外壁塗装は、色あせしにくい色を選ぼう



忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市なるべく色あせせず長く美しく色が保てる色あせしない色や、色選びのポイントについてご紹介しました。


色のほかにも、ツヤの有無や汚れにくい塗料を選ぶことも長持ちのポイントとなります。


外壁塗装は費用がかさむことですので、何度も塗装工事を行うことはできません。

皆さん誰もが失敗したくないことです。

自分の希望する色が色あせしにくいものなのか、忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市専門業者によく相談をしてから決めることをお勧めします。

また、色あせしにくい色のほか、どのような塗料が長持ちするのか、現在の住宅のカラーや雰囲気・デザインをそのままに活かす塗装や工法についてもご紹介しました。

せっかく塗装をし直しても、たった数年でまた色あせてしまうという残念な結果にならないため、信頼のおける外壁のプロに相談し、色あせず、納得のいく外壁塗装をお勧めします。



********************
忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市で
外壁塗装をご検討中の方は、是非「米山建装工業」へお問い合わせください!

無料診断・無料見積もり受付中です!
長持ち塗装を通して、お客様に笑顔と幸せをお届けします☆

🏡米山建装工業  
0120-992-144
https://www.yoneyama-kenso.com/
忠岡町・岸和田市・貝塚市・泉大津市
********************


※ 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。